クエン酸の働きについて

クエン酸の働きについて

クエン酸は子供にも必要?健やかな成長をサポートする働きを解説

 

お子さんの成長を助けるアルギニンを摂取するのならば、クエン酸は必要不可欠な栄養素といえるでしょう。

クエン酸はどんな働きをするのか?クエン酸のサポート力をお子さんの成長に活かしたいという方は、ぜひ確認しておきましょう!

読む クエン酸の働きについて 1 分 【管理栄養士が解説】サプリメントの選び方

 子供たちの健康と成長をサポートするために、適切な栄養素を摂ることは非常に重要です。

 

その中でも「クエン酸」は注目すべき栄養素の一つです。

エネルギー代謝を促進し、疲労回復を助け、カルシウムの吸収をサポートするクエン酸は、子供たちの健康的な成長と発達に欠かせない成分です。

 

この記事では、なぜクエン酸が子供たちにとって重要なのか、その効果と役割について詳しく解説します。

 

 

クエン酸はどんな働きをするの?

 

 クエン酸とは主にレモン、みかんなどの柑橘類や梅干しなどに含まれる酸味、つまりすっぱい成分のことです。

 

夏バテや疲れる時はすっぱいものを食べると良いとも言われますね?

 

 それは、この酸味成分が、摂取した栄養素を〝燃焼″し、細胞内の〝クエン酸回路″で生命活動に必要なエネルギーを作ってくれるのです。

 

 また、体内に摂取したカルシウムなどのミネラルを摂り入れやすくし、疲労物質を体外に出して、体内をリフレッシュしてくれます

 

健康サポートには欠かせないクエン酸

 

下記のような嬉しい効果が期待できます。

 

 

エネルギーの産生

 

人が生きていくために必要な最小のエネルギー代謝量を、基礎代謝量と定義されています。

 

この基礎代謝量は、男性では15-17歳、女性では12-14歳、男女とも10代で最大となっています。

 

成人より多くのエネルギーが必要な小中高生の子供たちにとっては、エネルギーの原料となる豊富かつ良質な栄養素が極めて重要です。

 

クエン酸は細胞小器官のミトコンドリア内の〝クエン酸回路″で、体内に摂り入れた栄養素をエネルギーであるATPに変え作ってくれるのです。

 

つまり、成長期にある子供もたちには、クエン酸も不可欠です。

 

 

 疲労へのケアや筋肉痛からの解放

 

体内で「乳酸」が溜まっている状況が続くと、やる気が出なくなったり、疲れたりする現象が起きます。

 

そこで、クエン酸は〝クエン酸回路″で溜まった「乳酸」をエネルギーに変えてくれる役割となっています。疲れた時にすっぱいものをおすすめ‼

 

 

食欲を注ぐパワー

 

 クエン酸はすっぱい成分により、唾液や胃液を腺からの放出を促して食欲を促す効果が期待できます。

  

 

ミネラルをとり込みやすくする役割

 

 クエン酸にはカルシウムや鉄などを包み込む〝はさみ″をもっています。

 

ミネラルをキレート形成することによってカルシウムなどの栄養素を、スムーズに体内にとり入れる嬉しい相乗効果があります!

 

食品から摂取するカルシウムや鉄などを体内に吸い取る力を高めたい方に、おすすめの栄養素です。

 

 さらに

 

クエン酸が成長期へのサポート

 

アミノ酸の一種であるアルギニンには成長期に不可欠な成分で、体内で十分に生成できない子どもにとってアルギニンは嬉しい栄養素であるものの、同時に胃の不調の原因になることも。

 

 アルギニンは普段の食事では十分に摂取できないため、過剰に心配する必要はありません。ですがアルギニンのサプリメントを摂取するお子さんは、注意が必要です。

 

 アルギニンのサプリメントを摂取する際には、必要量のクエン酸も同時に摂取しましょう。

 

 クエン酸が強いアルカリ性になるアルギニンを中和させるため、胃への負担が減らすことができます。

 

別々に購入して中和させる方もありますが、うっかりクエン酸を忘れてお子さんが胃の不調を起こしたらかわいそうですよね。

 

 ぜひアルギニンサプリを選ぶ際には、クエン酸の配合もチェックしてください。

 

 

 クエン酸も配合されたアルギニンサプリメント

 

お子さま用のアルギニンサプリメントをお探しならば、人気急上昇中の成長期栄養機能食品「PHARMA NOBIRU GOLD」を選んでみてください。

 

クエン酸もたっぷり配合され、アルギニンによる胃への負担を減らせるのはもちろん、ママ薬剤師が開発した子供でも飲めるサプリメント製品です。

 

クエン酸は2700mgとしっかり配合されているため、疲労回復やエネルギーの生成も期待できるでしょう。

 

確かな栄養素によって、一生に一度の成長期をしっかりとサポートしてあげましょう。